読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

アメリカ人は話し好き?

スタッフのひとりごと

日本にいた時、私にとって携帯電話は「メールができる機器」という存在でした。初めて買った携帯電話はJ-phoneJ-phoneにした理由も、当時メールができるのがJ-phoneだけだったから、というぐらい、私にとってメールができるというのは重要なファクターでした。そんな私が欧米に行く度に驚かされるのは、欧米人は電話で話すのが多いってこと。メールをしても、電話で返事がかえってくるのはびっくりしました。そういえば、アメリカのドラマって電話をしているシーンが多いですよね。

アメリカの固定電話(ローカル電話)

かれこれ10年前になりますが、オレゴンのポートランド州に留学した時、家庭電話なら、市内どこにかけても無料と聞いてびっくりしたのを覚えています。実際は、基本料金やその他オプションサービスを支払っているので完全に無料という訳ではないのですが、当時学生でお金に制限があったのでとても便利でした。日本や韓国に比べ、アメリカの携帯電話の普及が遅れたのは、固定電話の充実度が高かったからとも言われています。

アメリカにおける携帯電話

昔は、アメリカで携帯電話を持っている人は一部の人だけ、と言われていましたが、最近は電車やバスの中、町のあちらこちらで携帯電話で話す人々を見かけます。日本と違って、アメリカではバスで話しても、周りから白い目で見られることはあまりないようです。

インターネット電話

インターネット電話とは、コンピューター同士インターネットを介して使う電話のこと。コンピューターとインターネットがあれば、世界中いつでもどこでも電話をすることができます。海外移住者にとって、インターネット電話はとても便利なツールですよね。Webカメラ内蔵タイプのパソコン(VAIOやIntelチップのMac)だと、相手の顔を見ながら話しができてとても楽しいです。

インターネット電話の代表格Skype


携帯電話のサービスプランによっては、6000minの無料通話もついていたりするアメリカ(その分、基本料金は月額$200〜$300と高めですが)。プライベートの月額料金は日本円にして1,000円ぐらいの私にとっては、何を話しているのかとっても気になります!

HanaCellは毎月$9.99の無料通話がついた(国内電話にして40分程度)、月額料金$9.99ぽっちの携帯電話サービス。無料通話分を使い切っても、同じ通話料金が適用されます。多額のお金を払って使えきれるかどうかわからない無料通話分をもらうより、自分が使った通話だけ、支払いましょ♪