読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

迷惑テキストの対策法は?

こんにちは。アメリカ携帯電話ハナセルのユキです。
先週の日記で「眠ることができないほどの腰痛」に襲われていると報告いたしました。今回はその後日談です。あんまりに痛くて睡眠不足に陥ってしまったため、わらにもすがる気持ちでマッサージを予約してみました。相性が合わなかったら余計にひどくなるかも・・・という思いもありましたが、そんな不安も考えられないほど痛かったのです。結果的には・・・だいぶ改善されました! マッサージ師さんに症状を話すと、「針がいいでしょう」というご提案。日本で針をやったとき、首が動かなくなったことがあるので、針へのトラウマは相当なものでしたが、「髪の毛のような細い針で痛みもない」とのことで挑戦。腰痛から救ってくれるのなら、もはや何でも良かったようにも思います。実際、先生がおっしゃるように痛みはゼロ。電流を流している間は、なんだか奇妙な気持ちになりましたが、針のおかげでスッキリです。完全とは言えないので、また近いうちに針に行ってこよう〜♪
そうそう、私自身、腰に筋肉がないと思っていましたが、「弱い電流を感じることができるんだから、心配しなくても筋肉はありますよ」とのこと(!)。筋肉がない人の場合、電流を強めても感じないことがあるようです。そうならにように、完治したらストレッチやヨガをがんばろう!

迷惑テキストが多く届く場合の対策法

7月には迷惑電話の対策法をご紹介しました。アメリカでは電話番号が不足しているため、解約になった番号を使い回すことで補っています。そのため、以前までその番号を使っていた人が、デパートやジム、さまざまなサイトに会員登録をしておきながら解約、もしくは番号の変更をしていないと、身に覚えのない着信やメールを受信してしまうのです。困ってしまのは、アメリカ携帯電話業界では、電話の着信、メールの受信にもお金がかかること。迷惑電話やメールにもお金を支払うのはツライものがあります。


迷惑電話の対策としては、National Do Not Callへ登録することで防げる場合もあります。ただし、National Do Not Callは迷惑メール対策までは行ってくれません。もしも迷惑メールに悩まされている場合、ハナセルでは電話番号の変更をお願いしています。番号変更に関する手数料は無料です。この制度をご利用のうえ、迷惑電話やメール対策を行っていただければと思います! ただ、残念なことに電話番号は、アメリカ携帯電話業界で常に使いまわしされているので、番号を変更したからといって100%防げるというわけでもありません。業界全体で対策を考えるべきだと思うんですけどね・・・(泣)


携帯電話番号を変更する方法は、【こちら】をご確認ください


★★★ アメリカ携帯電話HanaCell(ハナセル) ★★★

全米最安値の月額基本料金$9.99チャージのいらないプリペイドXを提供中
◎クレジットカード1枚で今すぐ申し込みできる!
◎いつでも無料で解約。短期滞在者にもおすすめ
◎販売中のアメリカ携帯電話は、すべてSIMロックフリー

連絡先:1-888-634-8226(アメリカ国内フリーダイアル)
HanaCell(スカイプ) info@hanacell.com(メール)
ウェブサイト⇒ http://www.hanacell.com
ツイッター⇒ http://twitter.com/HanaCell
Facebook⇒ http://bit.ly/kkfdvd