読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

サンフランシスコ・ベイエリアの天気

皆さん、こんにちは、店長の姉です!


サンフランシスコもやっと春らしくなってきました。ここ一週間はこちらもいい天気でしたが昨日今日から天気はよくても風が強くて気温が低く感じましたが。


天気のはなしということで、月並みで申し訳ないのですけど、サンフランシスコ・ベイエリアの天気には悩まされました、というか未だによく把握できてないような気がします。というのも、サンフランシスコからイーストベイまで気温がすごく違ったりするのです。


サンフランシスコにはじめて来たのは私が大学生のときで、2月でした。カリフォルニアだから暖かいのだろうなんて思っていたら、とんでもない。曇ってて、寒くて、冬、だったのでびっくりした記憶があります。私が描いていたカリフォルニアのイメージはロサンゼルスとか、南カリフォルニアのイメージだったのだと思います。


それからシカゴからオークランドに引っ越してきましたが、オークランドはあったかい! オークランドでも霧がそんなにこない地域に住んでいたので、快適でした。ただ、サンフランシスコに遊びにいくとき、太陽がさんさんのオークランド側から、ベイブリッジを渡り始めると、サンフランシスコの町が見れるのですが、霧がかかってて、まるで冬の光景。服装をそんなに考えずにいったりすると、寒くって、そんなかっこうで寒くないの、なんてよく言われました。それからわたしも学習して、カーディガン、ジャッケット、など、オークランド側では着てなくても持っていくようになりました。正直、結構めんどくさいです!


で、オークランドや、他のイーストベイの町はあったかくなるから、サンフランシスコ夏は暖かくなるのかといったらそうでもなくて、夏の平均気温は15度Cくらいです (冬は11度Cくらい)。夏は霧がすごいんです。風も強くて、シカゴがウィンディーシティーと言われていますが、けっこういい勝負なんじゃないかな、なんて思います。


じゃ’夏’はないかというと、そうでもないのですよ。9、10月がサンフランシスコの夏です。霧もなくなり、暖かい気温が期待できます。期待できます、というのは暖かい日が続くー年もあれば、今年はそんなにあたたかくならなかったね、なんていう一年もあるので年によって違うんです。これは11月から3月までの雨季もそうなんです。今年はいっぱい降ったね、という一年もあれば、そうでもなかったという一年もあります。


皆さん、私がまだ天気を把握できてない。。。というのを少しはわかっていただけたでしょうか!? こちらに引っ越してきてから、iPhoneで天気予報をチェックするのが日課になってしまいました。何着てこう。。。なんて毎朝しょっちゅう悩んでるような気がします!


天気予報といえば、テレビの天気予報にもはじめはびっくりしました。最高気温と、最低気温の違いが30度F(アメリカの気温表示は華氏です)くらいあるときがあって、じゃあどうしたらいいの!? といつも困ってました! 


最近では海側、ベイ側、陸側の天気と分けているみたいですね。


サンフランシスコの天気について語った有名な言葉があります。


The coldest winter I ever spent was a summer in San Francisco.
「私が過ごした最も寒い冬はサンフランシスコの夏だ」。


作家のマーク・トウェインの言葉として知られていて、私も最近まで彼が言った言葉だと思っていたのですが、実は違うのだそうです! 誰の言葉なのかは謎なのだそうです!


皆さん、サンフランシスコにおでかけになるときは重ね着がポイントですよ!