アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

アメリカ携帯、アメリカSIMカード 10周年感謝セール

Black Friday

Happy Thanksgiving,店長の姉です!

 

昨日アメリカはサンクスギビングデーでターキーなどのごちそうをお腹いっぱい食べた方もいらっしゃると思います。

 

今日金曜日はBlack Fridayです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アメリカでは一年のなかで大きなセールがある日です。

 

で、なぜBlack Fridayと呼ばれるのか、といったらお店のほうが赤字より黒字を出したいということでそう呼ばれる事になったというのが一般的だそうですが、実ははじめはそうじゃなかったそうですよ。

 

50か60年代、フィラデルフィアの警察がサンクスギビングの次の日をBlack Fridayと呼んだのがはじまりだったそうです。そのころお店などがホリデーシーズンに向けてセールなどを開催しはじめたころで、そのセールをねらって、渋滞を起こしたり、自分が先に商品を買いたいから他の人をけがさせたりと、警察にとってあまりいい日ではなかったことから、警察がBlack Fridayと呼ぶようになったのだそうです。

 

80年代になって、お店のほうがこの言葉を使うようになって、それからサンクスギビングの次のにはBlack Fridayと呼ぶ事が定着していったのだそうです。

 

私自身この日に買い物した事は一回だけあったようなきがしますが、正直、そんなにすごいセールでもなかったような気がします。。。あまりみつけたりするのがうまくないというのもありますが! 

 

でも電気製品などはけっこう目玉なようでDVDプレーヤーや、テレビなどはかなり値引きされているようです。ただ、知らないブランドが多いですが。

 

毎年何日も前からテントをはって並んだり、ホームレスの人にお金を渡して、何時間も待たせたり、けが人がでたりと、あまり楽しそうじゃないような。。。

 

こちらのビデオでは80年代から現在の比較をしています。あの頃はもっとのんびりしていたのですね。。。いやーおそろしい、というのが正直なところです!


How Black Friday Looked in 1983 Vs Today is a Shocking Visual of How Modern Civility Has Changed

 

ちなみに最近ではサンクスギビングのあとの月曜日はCyber Mondayと呼ばれていて、オンラインのセールが始まります。ホリデーショッピングはオンラインでやった方が一番楽かもしれませんね!

 

アメリカ携帯、アメリカSIMカード 10周年感謝セール