読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

転送のサービス

皆さん、こんにちは、店長の姉です!

 

アメリカに住む皆さんは日本のものが欲しくなる時あることと思います。私が住むサンフランシスコでは日本町などに日本のスーパーや本屋さんなどがあるので比較的アメリカの他の州に比べて日本のものが手に入りやすいかなと思います。

 

シカゴに住んでいた時はアーリントンハイツという町のモールにヤオハンや本屋さんなどが入ってましたが住んでいたところからはちょっと離れていたのであまり行けませんでした。今でもあるのでしょうかね。

 

でも日本でないと手に入らないものや洋服などは親や親戚に頼んで送ってもらうという手もありますが、日本の商品を送ってくれるサービスという便利なサイトがあるのをご存知ですか?

 

転送コム、というサイトでは登録した後、日本のサイトで商品を購入したら、転送コムさんが用意してくれる住所に商品を送り、そこから転送コムさんがこちらに送ってくれると言うシステムになっています。

 

楽天などのいろいろな日本の通販サイトで買い物をしたら、それを全部一つにまとめて送ってくれることもできます。

 

手数料がかかりますが、そんなに高価ではありません。配達方法もEMSからSALなどいろいろ選択可能なところがありがたいです。すぐに送ってもらわなくてもいいようなものは送料の安いSAL便を選んだりできます。

 

あと転送コムさんの便利なサービスはBuyeeという代理購入も行っているので、アメリカのクレジットカードしか持っていない場合は日本のサイトは使えない場合もあるので、Buyeeを使うという手もあります。

 

最近知ったもう一つのサイトはShipjpです。こちらも購入したあとShipjpの住所へ送り、海外へ送ってもらうというシステムですが、手数料がかかりませんが配達方法はEMSのみです。

 

他にも似たようなサービスがあるようですが、私が経験したのはこの二つで、両方ともメールやサイトにログインし、商品が送られてきたかどうか追跡できるのでどうなっているのかな、と心配しなくてもいいです。

 

送料は商品の荷物の重さによるのですが、二つとも見積もりのツールがあるので、だいたいどのくらいかチェックできます。

 

どうしてもこの日本の商品が、という時に便利です!