読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ携帯電話 HanaCellの日記

アメリカの携帯電話情報からHanaCell(ハナセル)スタッフの日常までお届けします

HanaCell英語講座(携帯電話用語編)

モベルの英国本社に入社して、今でも大変なのが英語!「大人になって英語を学ぶ」って本当に大変ですよね。特に、専門用語は学ばない限り全然分からないし・・・。なので、今日は携帯電話に関する英単語を(自分の復習を兼ねて)ご紹介します。

携帯電話に関する英語

  • 携帯電話→cell phone, cellular phone ※英国ではmobile phoneといいます。
  • プリペイド→Pay As You Go, Prepaid
  • レンタル→rental
  • サービス区域→Coverage area ※米国は広いのでCoverage areaには注意しましょう。
  • 敷金→deposit
  • 留守電→voice mail
  • 無料通話時間→free minutes※契約によっては、時間帯や固定電話のみ、というような制限がありますので注意が必要です。Cingular (at&t)やHanaCellのようにCingular回線を借りて携帯電話を販売している会社はあまったFree Minutesを翌月に繰越ができます。
  • 着信表示caller ID
  • かかってきた通話→incoming Calls
  • 自分がかけた通話→outgoing Calls
  • 長距離電話→long distance call
  • ローミングroaming ※契約によっては、契約した州外や国外で携帯を利用したりする場合、追加料金がかかる場合があります。

海外で有名な端末メーカー

英単語ではないですが(^^;、海外で有名な端末メーカーをご紹介。


モベルの社員でイタリアに住んでいる日本人社員がいるのですが、彼女のイタリア語はBravo!!初めて、彼女がイタリア語で電話をしているのを聞いた時、私は感動の嵐でした!彼女は社会人になってからイタリア語を勉強したとのこと。今まで「大人になってからの語学習得には絶対無理がある」と半分あきらめかけていた私ですが、彼女のイタリア語を聞いてから「努力すれば何とかなる(のかな?!)」と思えるようになりました。語学を勉強している皆さん、共にがんばりましょ!

HanaCellは日本語で契約OK!大事な契約は、母国語で。サービスも日本水準です。